アメリカの「バレンタインデー」日本との違い

Be My Valentine

男性がプレゼントを贈ることが多い

日本の『バレンタインデー/Valentine’s Day』は、実質「女性が男性にチョコレートを贈る日」になっていると思います。

しかしアメリカでは、性別に限らず「チョコレート、花、カード」等を人に贈るのが定番となっています。どちらかといえば、男性が誰かにプレゼントを用意するイメージが強いとアメリカ人は述べています。

とくに思春期以降になると、意中の相手に上記のようなプレゼントを渡す男性が増えてきます。中には交際者/配偶者にジュエリーを贈る人もいます。

I gave my wife a jewelry for Valentine’s day.

私はバレンタインに、妻に宝石をプレゼントした。

…かといって、恋愛一辺倒のイベントではなく、学校のクラスメートや家族とも「バレンタインデー」が祝われることもあります。

アメリカに「ホワイトデー」の習慣はなく、すべてが「バレンタインデー」に、一括されている感じだと思います。

ふわふわ教授

※「ホワイトデー」は日本発祥の行事とされています。

ハート型のチョコをたくさん抱えた女子社員のイラスト。
日本独特の「義理チョコ文化」
The Valentine’s Day custom of Japan which women hand out chocolates for their Colleagues or classmates is called “Giri choco” culture.

バレンタインデーに、日本の女性が同僚やクラスメートにチョコレートを配る風習は、『義理チョコ』文化と呼ばれている。
男性側がプレゼントを贈る傾向が強く、義務的に皆にチョコを配る習慣がない点が「アメリカ式バレンタイン」の特徴です。

ふわふわ教授


アメリカの「バレンタインデー」にまつわる重要な熟語を2つご紹介します。いずれも「愛」に関わる重大な英語となっています。

Significant other(最も大切な人)

『Significant other/スィグニフィカント・アザー』という言葉があります。 自分の人生で最も大切な人という意味です。『Other』は自分以外の他者を意味します。よって、基本的に家族や親友ではなく、恋人か配偶者に対して使う言葉となっています。

アメリカの「バレンタインデー」は、この『Significant other』をより大切に思う日となっています。

On Valentines’day, a Japanese woman will give chocolates to several men, but in America, mostly a man gives a flower or a chocolate to his significant other.

バレンタインデーになると、日本人女性はチョコレートを複数の男性に渡すが、アメリカでは、男性が、自分の大切な1人の人に花やチョコレートを贈ることが多い。

Be my Valentine(私のバレンタインになって)

『Be my Valentine』というフレーズもよく知られています。直訳すると「私のバレンタインになってください。」となります。

「バレンタインデー」当日のデートに誘う際のセリフとして使用されます。

Would you be my Valentine?

私のバレンタインになってくれますか?
(私とバレンタインを過ごしてくれますか?)

ちなみに、『Be my Valentine』に同意するなら『Yes』と答えれば良いそうですが、具体的なことはセリフに含まれていません。

よって、アメリカでは「何と返答すれば良いの?」「バレンタインになるってどういう意味?」という相談をネットに投稿する人もけっこう見られます。

※概ね、一緒に出掛ける/過ごすことを意味します。

ふわふわ教授


子供は「バレンタインカード」を学校に持参する

My Sweet Heart

「バレンタインの授業」がある

私が日本で通った小学校では、バレンタインチョコの持ち込みは禁止でした。他校でも、禁止までいかなくても、大っぴらに学校側が「バレンタインデー」を盛り上げるようなことは無いと思います。

ところが、アメリカの小学校では2月14日の「バレンタインデー」を重要視していました。授業時間内に「バレンタインカードの交換会」も行われます。

When I was a kid, we had a time to hand out Valentine’s cards in my classroom.

私が子供の頃、教室でバレンタインカードを配るための時間が設けられていました。

※Hand out (配布する)

私の通っていたアメリカの小学校では、順番に子供が教室を巡回しながら、自分のカードを一人一人に手渡しで配る時間が設けられていました。

持ってくる枚数に決まりはなく、自由でした。

ふわふわ教授

クラス全員分のカードを持ってくる人もいるし、仲の良い友達にのみ配る人もいました。中には何も持ってこない子供や、1枚も貰えていない子供もいました。

※現在のアメリカでは、クラス全員が何かしら貰えるように配慮されているそうです。先生も皆の分のチョコを用意する等、子供が手ぶらで帰宅する心配もないですね。

子供が箱を持参し、その中にカードやチョコを投函してもらう方式もあるそうです。好きな相手が入れたカードには、何が書いてあるのかを、あとから確かめるドキドキ感が味わえます。

関連記事:アメリカで、バレンタインよりもチョコレートが売れる行事といえば? 虹の丘に座るイースターバニーイースター(EASTER)とは?アメリカのイースターエッグ

アメリカは、カード文化の国

赤いポストのキャラに投函されるラブレター

『Greeting card/グリーティングカード』という、主にカラフルなイラストなどがデザインされたメッセージカードがあります。このようなカードを、アメリカでは年間を通して贈り合う文化があります。

アメリカの「バレンタインデー」は、小学校に限らず、多くのカードが贈られる日となっています。

参考:GREETING CARD ASSOTIATION 「グリーティングカードの歴史」

市販されているカードには、『Happy Valentine’s Day』や『Be my Valentine/私の恋人になって』などの言葉がプリントしてあります。日本の年賀状における「謹賀新年」や「あけましておめでとう」のような、テンプレに沿った「バレンタイン用の言葉」がカードに印刷されています。

メッセージが既にカードにデザインされているので、自分の名前だけ書くか無記名で配る人も小学校では多かったです。

ふわふわ教授

小学校の低学年であれば「バレンタイン=恋愛」という雰囲気はまだ弱いですが、思春期以降になると、バレンタインデーを、恋愛関係を深めるきっかけにするかたちに移行していくようです。

関連記事:アメリカにはない日本独自のお返し文化といえば? 『WhiteDay/ホワイトデー』英語での発音のコツは?

バレンタインデーの由来が怖い?

バレンタインは、聖人の名前

聖バレンタイン(St Valentine)の肖像画イラスト。
司祭・聖バレンタイン(St Valentine)の想像図。

バレンタインという言葉は、「聖ヴァレンティヌス」というローマ帝国時代の聖職者の名前から来ています。

同名の有名ブランドのように「ヴァレンティノ」とも読みますが、英語表記だと、お馴染みの『Valentine』になるのです。

『Valentine’s Day』の英語での発音は…

ヴァーレンターインズデーイ

※青文字にアクセント

これを訳していくと、「バレンタイン(ズ) デー」すなわち、「バレンタインという人物のための日」という意味になるのです。


聖バレンタインの殉教日が2月14日

なぜ、「バレンタインデーの由来が怖い」という声があがるのかというと、この「聖ヴァレンティヌス」がローマで処刑された日が2月14日とされているからです。

伝説上の人物の逸話なので、諸説ありますが、当時のローマ帝国では、若い兵士の結婚が違法だったそうです。理由は、結婚してしまうと彼らが戦争に行きたがらなくなるから。

ローマ帝国の鎧マスクの兵士

それを不憫に思った聖ヴァレンティヌスは、ローマ帝国側に知られぬよう、密かに若者たちを結婚させていたところ、それが発覚してしまい、投獄されて処刑となったそうです。

その後、「恋人たちの守護神」として、聖ヴァレンティヌスは聖人として祭られるようになり、形を変えて現在の「バレンタインデー」へと至るとのことです。

Not everybody knows about the origin of Valentine’s Day even in America.

アメリカ人であっても、誰もがバレンタインデーの起源を知っているわけではない。

本日も最後までお読み頂き、誠にありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です