「ワクチン接種した?」「副反応あった?」を英語で言うと?

新型コロナウイルス(COVID-19)のワクチン接種を受けるノースリーブシャツの男性の肩のシンプルイラスト

先週、新型コロナウイルスのワクチン(1回目)を接種しました。「メッセンジャーRNA」は、世界で初めて実用化された技術です。副反応への不安もありましたが、ネット上では、過激な「反ワクチン」情報も飛び交っています。…打つまでがドキドキでしたが、無事に帰還することができました。

『Get the vaccine』→ワクチンを打つ

新型コロナウイルス(COVID-19)のワクチンボトルと注射のシンプルタッチのイラスト。

「ワクチンを受ける/打つ」ことを、英語では『Get the vaccine』と表現します。アメリカ式での発音のコツは、「ゲッザ・ヴァクスィーン」という風に『Get とthe』をつなげる点です。『Vaccine』は「スィーン」の部分にアクセントをつけてください。

Did you get the vaccine?
ワクチンは受けたの?
I got the vaccine.
ワクチン、受けたよ。

※『Did you』の発音は「ディジュー」

語呂の良い『Get the vaccine』だけで済ませず、英文で使うときは、『I/私』や『You/あなた』などの主語を必ず入れましょう。

ふわふわ教授


『Vaccinate』ワクチン接種する

『Vaccinate/ヴァクスィネイト』は、この1単語だけで「ワクチンの接種をする」という意味になります。『Vaccine』は、ワクチンという薬そのものの名前ですが、『Vaccinate』は、「ワクチンを体に投与する」という意味まで含まれる点に違いがあります。

I got vaccinated.
私は、ワクチンを受けました。

※発音は、「ヴァ」にアクセントをつけて「ヴァー」と少し伸ばします。

『Vaccinated person』で、「ワクチンを受けた人」という意味です。『Fully Vaccinated person』は、「ワクチン接種を完了した人」です。コロナ禍の場合、前者は1回以上は受けている人。後者は2回目まで接種済みの人です。

ふわふわ教授

ワクチンとは、基本的に「誰かに打ってもらう」行為なので、「受け身」表現である『Vaccinatedヴァクスィネイテッド』という形で使われることが多いです。

When can I get vaccinated?
私は、いつワクチンを受けられるのかな?
I am going to be vaccinated tomorrow.
僕は、明日ワクチンを受けるよ。
アメリカでは『I am going to be』は、「アイム ゴナ ビー」と素早く発音されます。

ふわふわ教授

◎WHO(World Health Organization)「What is vaccination?」(ワクチン接種とは何か?)

『Get the shot』→注射する

薬品の収納された棚のある診察室で、N95マスクを装着した鮮やかな赤い髪の女医に、腕まくりで注射を打ってもらっている赤いTシャツの左手の親指を立てたポーズの青年のイラスト。

ワクチンかどうかは限定せず、「注射を受ける」ことを『Get the shot』と言います。

I got the shot in my arm.
注射を腕に受けました。
I got my second shot of COVID-19 vaccine.
私は、新型コロナウイルスワクチンの2回目の注射を受けました。

英語では「受け身」を明確に!

『I Got ○○』は「私は○○を受けた」という意味です。よって、概ね「私は、医師に注射を打ってもらった」という意味で使われます。

ふわふわ教授

日本語の場合、接種を受けた本人が「私はワクチンを打った」「私は、今日注射してきた」と言いますよね?実際には「医師の手でワクチンを打たれた」というケースがほとんどなのに、「自分は打った」と表現します。

「髪を切った」という表現も同じです。発言者自身が「切った」と述べているのに、実際は美容師や理容師に「切られた/切ってもらった」という意味です。

ところが英語では、自分が「打った側なのか、打たれた側なのか」という点をはっきり示さないと意味が通じない場合があります。

つまり、『I』のあとに『got』等が抜けていると、打たれた側なのに「自分自身で注射した」と誤解される恐れがあります。

ふわふわ教授


『Injection』が、よりフォーマル

『Shot』よりも『Injection/インジェクション』がよりフォーマルな「注射」の言い方です。

I got an injection at the vaccination center.
私は、ワクチン接種会場で、注射を打って来ました。
I sat in the waiting room for 15 minutes after recieving the injection.
注射を受けた後、私は待機室で15分間座って待った。

◎healthline 「What are intramuscular injections?」(筋肉注射とは何か?)

『Side effects』→副反応

新型コロナウイルス(COVID-19)を注射から水色のワクチンで包み込むイラスト。

「副反応」は、英語では『Side effects』です。

アメリカ式での発音のコツは、「サーイデフェクス」という風に、例によって2単語をつなげて言います。「サーイ」にアクセントを付けましょう。『Effect』の複数形である『Effects』は、「エフェクス」と発音するため『FX』という略語で表記されることもあります。

Did you have any side effects?
何か副反応はあった?

※『have』の代わりに『get』でもOKです。

I had a sore arm on the next day.
翌日に腕が痛んだよ。
『Sore arm』は、「腕の痛み」のことです。主に筋肉痛や、注射後の痛みには『Pain』よりも『Sore』が使われます。

ふわふわ教授

私の「副反応」体験

私の場合、概ね多くの人と似たような副反応を経験しました。注射を打った箇所に生じた「肩の痛み」です。ワクチン接種の翌日がピークでした。

注射を打った午前中の間は、「本当にちゃんと射したの?」というくらい痛みがありませんでした。ところが、その当日の夕方あたりから痛みが始まりました。

それでも、肩周辺の「狭い範囲の痛み」に過ぎず、翌日になっても「肩が上がらない」などの、良く聴く症状は出ませんでした。

A sore arm is a side effect from the vaccine.
腕の痛みは、ワクチンの副反応です。
My shoulder pain was gone in two days after the vaccination.
ワクチン接種の2日後に、肩の痛みがなくなりました。
強いて言えば、ワクチンを打った翌日は、普段よりも「非常に疲れやすかった」です。ちょっとした動作でも意外と左肩の筋肉に響きます。翌日は、安静にしたほうが良いかもしれません。

ふわふわ教授

◎CDC(Centers for Disease Control and Prevention)「Possible Side Effects After Getting a COVID-19 Vaccine」


本日も最後までお読み頂き、誠にありがとうございます。

≪関連記事≫

青い背景をバックに、防護服の男が注射器のワクチンで地球の周りのウイルスを退治するシンプルタッチのイラスト。「ワクチンの2回目」「副反応はいつから?」を英語でいうと?

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です