「TOEIC900点」超えるまでの「勉強法&参考書」

TOEICスコアが900点を超えると「すごい」と驚かれます。「800点の壁」と「900点の壁」。どちらも、なかなか越えられない山のような壁でした。ですが、一度でも越えてみると、すぐに当たり前のことのようになります。

結論→裏技なし。地道に4年勉強した

ピンボケした本の並びを背景に、机上で広げられたノートの上に、ボールペンが乗った細かい英字のびっしり記された本が開かれている写真。

メインの参考書は3冊

私が900点を取った勉強法は、単純に「勉強を数年に渡って続ける」という方法です。

それにより「英語力の上昇」「TOEICへの慣れ」の2点を得た結果、どうにか900点へと到達できました。よって、猛勉強したという感覚はありません。

・TOEIC公式問題集
・金のフレーズ
・文法特急

この3種類の本をメインに勉強しました。

ふわふわ教授

起きている時間全てを「TOEIC勉強」に費やすことはできないので、すきま時間に小まめに学習しました。

限られた時間での勉強だからこそ、なるべく「参考書の数を増やさない」ことが推奨されています。

1冊1冊を深く知ることができるという利点があるので、私も基本的には同意します。

公式TOEIC Listening & Reading 問題集 7

新品価格
¥3,300から
(2021/8/29 10:06時点)

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ (TOEIC TEST 特急シリーズ)

新品価格
¥961から
(2021/8/29 10:03時点)

1駅1題! TOEIC L&R TEST 文法特急 (TOEIC TEST 特急シリーズ)

新品価格
¥935から
(2021/8/29 10:07時点)


参考書は増やさないほうが良い?

読みたい本を買うのは自然な欲求だと思います。よって、新たな参考書を入手すること自体は悪いことではありません。

欧米の古書店で積み上げられた本の山を見下ろすサングラスの若い女性と、イアホンをした中年の男性の写真。
ただ、1冊の本をマスターするために「何度も繰り返す」ことにも大きな意義があるのです。

ふわふわ教授

よって、1冊ごとにじっくり「読んだり解いたりしていない状態」で、次々に新しい参考書だけを買い足していくのは、よくないと思います。

その本の内容を「概ね理解できた」段階になってから、次に移ることを私は心掛けました。

また、問題集なら、問題と答えを「大体覚えてしまう」段階まで使い込むのが理想です。

理想としては、増やさない方が良いです。
ただ、同じことばかりを繰り返すことほど、退屈なものはないですよね?

ふわふわ教授

何かを身につけたり、学習するとき、「楽しめるかどうか」も非常に重要です。少しでも、面白いと思える要素がなければ長続きするのは厳しいからです。

飽きて投げ出してしまうのが最もよくないパターンです。それを防ぐために、私は「メインの3冊」以外の英語本にも手を出しました。

それは、好きな小説の英語版だったり、興味のあるニュースを英字新聞で読んでみるなどの行動でした。直接的にはTOEICから離れるかもしれませんが、まとまった英文を読み慣れる効果は確実にありました。

「メインの3冊」の参考書での学習は続行しつつ、気分転換として、サブ的に色んな物に手を出してバランスを取りました。

ふわふわ教授

文法書に関しては、「前置詞」「関係詞」など、文法の種類に特化した本もあります。

「公式問題集」や「文法特急」を解いていて、いまいち仕組みが分からない用法を、他の文法書を調べて理解することにも意義があると思います。

例えば「関係詞」がよく分からないと思ったとき、「関係代名詞」や「関係副詞」の違いが詳しく載っているものや、例文がたくさん載っているもの探して読んだりしました。

関係詞の底力?英語を使いこなすためのマストアイテム (「底力」シリーズ 3))

新品価格
¥1,650から
(2021/8/28 22:29時点)

POINT
・参考書は数冊に絞ったほうが良い。
・増やしてもOKだが、メインとサブで使い分ける。

英検準1級合格したら→「850点」超えを連発

暗い部屋で宙に浮く電球にオレンジの光が灯る写真

以前より、「英検準1級」=「TOEIC 730点」レベル…とする記述を何度か見かけることがありました。

それを見るたびに、信じられない気持ちになりました。

なぜなら、TOEICで「700点以上」を取れるようになっても、英検準1級には何度も不合格になっていたからです。

私は、TOEICで820点を取ったあとですら、英検準1級は合格できませんでした。

ふわふわ教授

私の場合、TOEICを受け始めたころから、リスニングパートで400点以上取れていました。

逆に、リーディングパートは300点ほどでした。つまり、「リスニングだけ高得点」という偏りが生じていたのです。

「リーディングの力不足」が、TOEICスコアの伸び悩み&英検準1級不合格の原因になっていたのです。

ふわふわ教授

その後、TOEICのリーディングパートで「300点台後半」を取れるようになると、英検準1級に合格できました。

よって、同じ「TOEIC800点」でも、リスニングとリーディングがともに「400点以上」とバランス良く取れていれば、英検準1級にも合格できると思われます。

「730点」でもリーディングが「400点」前後取れていれば可能性はありますが、少しリスニングが力不足だと思います。

やはり英検準1級は、TOEIC800点以上の人が合格するテストだと思います。

「リーディング」が弱かった私の場合、830点以上取れるようになってから、ようやく受かりました。

ふわふわ教授

長年の学習成果が実ったのか、英検準1級合格したあとは、TOEICで850点以上が標準になりました。

TOEIC700点台で伸び悩んでいたら、英検にもトライしてみるのも1つの手です。

英会話教室に通った→点数がアップ

黒板の前で行われる授業がカラフルにデザインされた蛍光色のシルエット人物のイラスト。

英会話とTOEICを別物として分ける人がいると思います。たしかにマークシートのテストであるTOEICでは、「英会話の能力そのもの」を試す問題は出てきません。

ところが、私は英会話の練習をするようになってからTOEICのスコアが上昇しました。

ふわふわ教授

英会話の最大の効用は「英語を使う」ことに慣れるようになることです。実際に会話をしてみると、意外なほど、言葉が出てこないことに驚きました。

単語帳などで頭に入っている英単語も、使い慣れないとスムーズに出てこないという現象が起きるのです。

流暢に喋れなくても、せめて「文法的に正しく話そう」と心がけ、英会話の練習も継続しました。

ふわふわ教授

英会話を始めたら、「間違った英文」にすぐ気付けるようになりました。

また、英会話に行くたびに「細かい間違いを指摘されないように注意する」ようになりました。

クラスには他の生徒さんもいるので、彼らと先生が話している様子も、重要な情報サンプルとして参考になります。

私は、漠然と習いに行ったわけではなく、「TOEICスコアアップ」がベースにあったので、英会話には大いなる効果を感じました。

ふわふわ教授

気軽に1回から参加できる体験教室や、オンライン英会話もたくさんあるので、試してみても損はないと思います。

自宅でヘッドホンをつけてPCに向かう男性と床で休むこげ茶猫の、シルエットタッチのイラスト。テレワークは、英語ではWork from homeが一般的

試験回によって「点数に大差」

脳と電子回路が同期するイメージの青いデジタルイラスト。

迷惑受験者のおかげで点数アップ

不思議なことに、TOEICで900点を取得したあと、840点までスコアが下がったことがあります。

「ガタ落ち」と呼べるレベルです。試験回によって、点数が乱高下することは実際に起こるのです。

私がTOEICで915点獲得した回では、いつもと違う環境でテストを受けました。なんと、隣に座っていた人物が「とてもうるさい受験者」だったのです。

試験の間中ずっと、問題文を音読していたのでしょうか?ボソボソと何かを喋りながらテストを受けていました。

ふわふわ教授

決して大声ではありません。ごく静かな囁き声で問題を解いておられました。ところが、ボリュームは小さくても、至近距離で「ずっと鳴り響く声」です。

非常に気が散りまくりました。

試験監督を読んで注意してもらったとしても、2~3分か、それ以上のロスが出ます。

その余分な試験時間があとから与えられる保証はありません。TOEIC経験者であれば、たった数分の時間がいかに進行を左右するかご存じかと思います。

そこで、私はその逆境を「原動力にして頑張る」ことにしました。

隣の人物には決して負けないよう、「スピードアップを図り、テストに集中する」ことを決断したのです。

ふわふわ教授

すると、いわゆる「ゾーンに入った」ような状態を体験しました。スピードを優先しつつ、かといって雑に解くわけではありません。

各問題を、最低限の時間で効率的に進めていくということが、なぜか自然にできるようになりました。

結果、その回の点数は915点とベストを弾き出しました。その前の回より75点ものスコアアップです。

TOEICという試験は、当日のパフォーマンス次第でも点数が大きく左右することを実感しました。ですので、スコアが下がっても落ち込まず、また再チャレンジすることをお勧めします。


本日も最後までお読み頂き、誠にありがとうございます。

『TOEIC対策』参考書は、3冊あれば十分、ハイスコアを獲得できる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です