「ワクチンの2回目」「副反応はいつから?」を英語でいうと?

青い背景をバックに、防護服の男が注射器のワクチンで地球の周りのウイルスを退治するシンプルタッチのイラスト。

先月、2回目のワクチン接種を終えました。噂の通り、2回目の副反応はキツかったです。接種の当日から、腕が強く痛み、夜には発熱もありました。1回目の数倍大変でしたが、無事に元の生活に戻りました。

Second dose(2回目の投与)

モデルナワクチン(COVID-19)の瓶が3つ机上に置かれた写真。
武田/モデルナ社製のワクチンを接種しました。

ワクチン接種の2回目は、『Second dose』というフレーズが多く使われています。『Dose』には、薬の「一回分の服用量」という意味があります。当然ですが、前回接種した1回目のワクチンは『First dose』です。

発音は「ファースドウス」「セカンドウス」という風に、それぞれ2単語をつなげて言いましょう。

ふわふわ教授

※「ファーストドウス」「セカンドドウス」のように「ト&ド」を2重発音するのは英語的にNGです。

I got the second dose of vaccine last month.
私は先月、2回目のワクチンを受けた。

副反応は当日から発生

When did the side effects start?
副反応はいつから始まった?

あくまで私の体験談ですが、当日から副反応がありました。

One of the side effects appeared 5 hours after the vaccination.
副反応のうち1つは、ワクチン接種の5時間後に表れました。

朝、ワクチンを受けたあと、夕方から肩と腕が痛くなりました。その夜、就寝中に発熱を感じましたが、そのまま眠りました。

翌朝目覚めると、「熱、頭痛、吐き気、強い倦怠感…」におそわれました。腕の痛みも1回目より強かったです。

2回目の際は、なぜか、注射の針がささった瞬間から痛かったです。結局2日くらい寝込んで絶食して過ごす羽目になりました。

ふわふわ教授

1回目の際は、副反応は翌日からでした。「腕の痛み」と「強い疲労感」だけで済みました。一晩眠って元気になったので、ものすごい落差です。

The side effects after the second dose of vaccine were quite strong.
ワクチン2回目のあとの副反応は、とても強かったです。

Second shot(2回目の注射)

半袖の女医から、ワクチン注射を肩に受ける袖まくりした男子のイラスト

『Second shot』というフレーズでもOKです。同じく「2回目のワクチン接種」という意味で使われています。

『Dose』は、「薬品の投与や服用量」を意味します。それに対し、『Shot』は「注射を打つ」という部分にフォーカスしています。

「ワクチン接種」という話題の場合、同じ結果をもたらすので、『Second shot』は『Second dose』と同じ意味になります。

I’m going to get the second shot of vax this month.
私は今月、ワクチンの2回目を受けるよ。
少しカジュアルですが『Vaccine』を省略して『Vax/ヴァクス』と言い換えることもできます。

ふわふわ教授


モデルナアームは、起きず

ワクチン接種後の、筋肉痛のような腕の痛みは『Sore arm/ソーア・アーム』と言います。それとは別に、接種した部位に生じる「赤い発疹」や「かゆみ」の症状が報告されています。

これらのアレルギー症状は『Moderna arm/モデルナ・アーム』とも呼ばれています。モデルナ社のワクチンで時々発生するからだそうです。

腕の痛みは酷かったですが、幸い「モデルナアーム」は一切、起こりませんでした。どこに針を刺したのか分からないほど、皮膚の色も変化なしでした。

ふわふわ教授

I didn’t have any arm rashes.
腕の腫れは全然出なかったです。

※Arm rash(腕に出る発疹の症状)

Booster shot(追加接種)とは?

Boostershotと書かれた黄色バックのワクチンを受ける男子とメガネの女医の手書き風イラスト

本来は3回目という意味ではない

変異株が猛威を振るっていることから、日本でも3回目のワクチン注射の実施が検討されています。

この話題が持ち上がった時、『Booster shot/ブースターショット』というフレーズがニュースに登場するようになりました。

Weblio英和辞典によると、『Booster shot』とは、「一回目の注射が効果を発するように行う追加注射」と出ています。また、『Boost』とは、「高める」「強化する」という意味です。

つまり、本来は1回目の注射の効果を高めるための「2度目のワクチン接種」=『Booster shot』なのです。

ふわふわ教授

新型コロナウイルス用のワクチンの多くは、「注射2回でフルセット」が標準とされています。そのうえで「追加接種」を行うため、3回目を『Booster shot』と呼ぶことが多いのです。

NPR (ナショナル・パブリック・ラジオ)では、3回目のワクチンを『Third shot』とも記しています。そして、最初に打った2回を『Initial shots/初期接種』とひとまとめに表現しています。

モデルナ社によると、最初のワクチン接種から半年経つと、治験者の抗体が弱まっていたそうです。そこへ、3度目のワクチン注射を実施しました。

すると、薬が半量に過ぎないにも関わらず、2回目の注射後を超える水準で「抗体を強化する効果」が見られたそうです。

1度に打てるワクチンは「半量ずつ」という点も記事では示されています。

ふわふわ教授


ブースター接種を受けたい?

老若男女にワクチンを打つことでウイルスが空へ去っていくブルーグリーン主体のシンプルタッチイラスト
Do you want to get the booster shot?.
追加接種を受けたいですか?
I would like to get the booster shot.
追加接種を受けたいと思います。
私は、「2回フルセット」をまた打つよりは、半量だけの「3回目」で済むなら検討しているところです。(^□^;)

ふわふわ教授

まだ、『Booster shot/追加接種』がいつから、或いは本当に実施されるのかも分かりませんが、受けたいという人はどれほどいるのでしょうか?

私は副反応が強かったので、すぐには返答しづらい心境です。

Let me think about it.
少し考えさせてください。

そもそも1回目の注射すら、まだ多くの人に行き渡っていないのが国内外の現状です。

本日も最後までお読み頂き、誠にありがとうございます。


《関連記事》

新型コロナウイルス(COVID-19)のワクチン接種を受けるノースリーブシャツの男性の肩のシンプルイラスト「ワクチン接種した?」「副反応あった?」を英語で言うと?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です