英語『アルミニウム/Aluminum』のアメリカでの発音法

Pronuciation of “Aluminum” in U.S.A.

『アルミニウム』は、日本と米国では発音が可なり違う

ある日、私はラジオでアメリカ人が会話している番組を聴いていました。

「日本の飲み物の自販機が便利だ!」というトピックでの会話だったのですが、出演者のひとりが、『缶の材質』について話し始めました。そして、次のような質問をしたのです。

「Is this can made of アルーメナム? Or steel?」

 

「この缶って、アルーメナムで作られているのかな?それともスチール製かな?」

初めて聴いたときは『ア』の部分が速すぎて聴こえず、『…ルーメナム』に聴こえましたが、

『アルーメナム』もしくは『アルーミナム』と言っていることが判明し、日本でいう『アルミニウム』のことでした。そして……スペルは『Aluminum』です。

どうみても『num』の部分を『ニウム』とは読めないです。

なのに、なぜ日本では『アルミニウム』という発音なのだろう?と驚かされました。

同じ単語なのに、日本語と英語とでは発音が違うのはよくあることですが、『アルミニウム』と『アルーメナム』では元の原型を変え過ぎでは?? と驚き、なぜこうなったのだろうと調べてみました。

アメリカとイギリス、それぞれでも発音とスペルまで違う!

すると、『アルミニウム』はアメリカとイギリスでも表記が異なる単語でした。

アメリカ Aluminum

イギリス Aluminium

なんと、イギリスでは、『Aluminium』と書き、『アルミニウム』と読めます。元来はイギリスのほうがオリジナルで、のちにアメリカで単語が変化したそうです。現在でも、イギリスではオリジナルバージョンが正式に使われています。

イギリス発音ではアーリュミーニアム』で、アメリカでは『アルーメナム』と発音します。※青色部分がアクセント

日本語の『アルミニウム』は、イギリス・オリジナルの発音を基準にしていたんですね。

『アメリカン』バージョンの発音を覚えておくと便利

とはいっても、『アルミニウム』は身近な金属であり、日常会話でも使用する単語なので、アメリカでの発音も覚えておいたほうがお得です。実際、私は英語での発音自体に馴染みなかったので、ラジオで初めて聴いたとき、何て言ったのか分かりませんでした。

おさらいしますと、アメリカでは、

ルー メナム

……と発音します。

『ルー』の部分にアクセントをつけますが、『ア』はごく小さく言いますので、『ア』と『ルー』のギャップが大きいです。

『ルー』を強調して、単語全体を1秒以内に言うのがコツです。『…メナム』は3文字を一つの固まりのように素早く発音します。特に最後の『ム』は伸ばさず、しっかり切るように言い終りましょう。

リスニングでの印象ですが、『ルーメナ』の部分がはっきり聴こえ、始まりの『ア』と終わりの『ム』が小さめに聴こえます。

なので、ネイティヴが、早口で言うと、『ルーミネ』や『ルーメナン』に聴こえる場合もあります。それくらい、『ルー』の辺りを強調して発音される点を覚えておきましょう!

『Aluminum』を使った英文の用例

In the beverage industry of Japan, most of the cans are changed to PET bottles.

日本の飲料業業界では、大部分の缶がペットボトルへと移り変わった。
Most of the cans of canned drinks are made of aluminum, but cans of canned coffees are mostly made of steel.

多くの缶飲料の缶はアルミ製ですが、ほとんどの缶コーヒーの缶は、スチール製です。

本日も最後までお読み頂き、誠にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です