『NO ! go to 渋谷』は英語では「逆の意味」になる?

渋谷スクランブルで、街中に向かって行く人。

『go to 渋谷』に「No!」という意味

魔女を禁じる木札。

『NO ! go to 渋谷』という見出し文が話題になっています。

意味は『go to 渋谷』に『No !』なので、「渋谷に行くのはダメ!」です。

ハロウィン時期に「渋谷に行く」行為を「強く阻止する」目的で作られた見出し文となっています。

ふわふわ教授

…ところが、英文として読むと「逆の意味」に伝わってしまうのでは?とも言われています。

英文というより「スローガン」の一種

まず、「英語と漢字」が混ざったフレーズなので、英文とは異なるものだと思われます。

また、『No !』という風に、ビックリマーク(Exclamation mark)のあとなのに『go to 渋谷』が小文字で始まっています。

ビックリマーク(感嘆符)のあとに続くのは「新たな文」なので、英文なら大文字『Go』で始まるのが普通です。

ふわふわ教授

つまり、これは英文ではなく、英語と日本語を組み合わせた「標語/スローガン」だと考えられます。

まぎらわしい面もありますが「go to 渋谷」という標語に「No !」を突き付ける「2重構造の標語」なのかもしれません。

※スローガンの場合は、英語でも文法にこだわらずに作成することもあります。

英文として読むと誤解する?

たしかに、英文として読むと、誤解を与える恐れはあります。

先に述べたように『No !』にビックリマークがついているので、ここで一文が終わっています。そのあと新たに『Go to Shibuya.』という文が続く英文として読んだ場合…

「ダメ!渋谷に行きなさい。」という翻訳文になってしまいます。まるで渋谷に行くのを懇願するような文章であり、本来の意図とは反対の意味になります。

現実には渋谷に行くことを諭すわけがありませんので、本気で「逆の意味」として読解する人はいないと思います。

ふわふわ教授

「渋谷に行かないで」を英語で言い換えるなら?

Please!と願う羊の女の子のキャラ。
イラスト「ふわふわ生物スタンプ」より
いちばんシンプルなのは『Don’ t go to Shibuya.』です。「渋谷に行かないで。」という意味です。

ふわふわ教授

どうしても『No=否定』という発想で多用しがちですが、『No』は「物・名詞」に対して使うのが基本です。

例:『No people/人がいない』『No dressing rooms/更衣室がない』『No problem/問題がない』

逆に、「動詞」に対しては『Don’t』を使います。

例:『Don’t go/行かないで』『Don’t drink/酒を飲まないで』『Don’t cry/泣かないで』

You should not go to Shibuya.
君は渋谷に行くべきではないよ。

※『Should not』は『Shouldn’t』でもOK。

I don’t recommend visiting Shibuya on Halloween.
ハロウィンに渋谷に行くのは、勧められないなぁ。
Please don’ t go to Shibuya this weekend.
どうか今週末は渋谷に行かないでください。
You must not go to Shibuya.
君は決して渋谷に行ってはいけない。

本日も最後までお読み頂き、誠にありがとうございます。

都会のビルの路地裏に置かれたジャコランタンに集まるドラキュラや魔女などのハロウィンモンスターやおばけのイラスト。「渋谷のハロウィーンがやばい!」は英語で『Crazy』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です