「彼女/彼氏をつくる」を英語で言うと、衝撃的な意味になる?

先日、知人のアメリカ人講師が、高校英語のオンライン授業を行ったそうです。その時、「今後の目標」をある男子生徒に尋ねたところ、『Make a girl friend.』という答えが返ってきました。

この解答が「和製英語」だったため、アメリカ人講師には意味が通じず、困惑したそうです。

ふわふわ教授

『Make a girl friend』は、和製英語

「彼女をつくる」を『Make a girl friend.』と言い換えても、日本語の感覚では自然に感じられるかもしれません。ところが、英語では「彼女を製造する」という意味に誤解されます。

よって、先ほどの英語講師は、男子生徒が「アンドロイドの彼女」でも造るのかな?…と、一瞬ビックリしたそうです。

確かに日本語でもロボットのように「彼女そのものを造る」という意味ではありません。

相手の女性に自分の恋人になってもらう「役割や状態を作る」という感じでしょうか?

ふわふわ教授

『Find a girl friend』なら通じる

『Find a girl friend.』なら英語として通じます。『Get a girl friend.』という言い方も一般的です。

よって、先ほどの高校生が、『Find a girl friend.』と言っていたならば、英語講師にも通じていました。

I want to find a girl friend.
私は、彼女をつくりたいです。

『Find』には、「発見する」という意味があります。よって、ただ探すのではなく「見つける/見つけたい」ということを表現できます。

I will get a boy friend.
私は、彼氏をつくります。

※当然ですが、『Boy friend』と『Girl friend』は入れ替え可能。また、次に述べる「恋人」を意味する単語も使用可能です。


恋人は『Partner』や『Lover』という

「彼氏・彼女」という表現が少し子供っぽいと感じるなら、「恋人」を意味する『Partner』や『Lover』という単語をお勧めします。

「恋人」であれば、男女を特定せずに使用できます。

I want to find my ideal partner.
自分の理想の恋人を見つけたい。

余談ですが、現在は同性間の恋愛にもフォーカスが当てられ、昔よりは理解が進み始めています。ところが、恋愛対象は人間に限定されるものではありません。

例えば、建物などに真剣に恋をする「対物性愛者」という人々もいるそうです。

ふわふわ教授

だからこそ、先にご紹介した英語講師は、「ロボット彼女」という人間以外の恋人をイメージしたのかもしれません。

関連リンク→ 胸キュンな『Just』の使い方

「脳内彼女」を英語で言うと?

「脳内彼女」…つまり、自分の想像の世界に恋人をもつ人々がいます。物理的には実在しない恋人をもてることは、人類の想像力のなせる業です。

英語圏でも「脳内彼女」と会話できる人が、相当数存在するようで、『Imaginary girlfriend』という言葉もあります。

ふわふわ教授

※『Imaginary/イマジナリー』は「想像の、架空の」という意味です。

Do you have an imaginary girl friend?
君には「脳内彼女」はいますか?
She is existing only in my imagination.
彼女は、僕の想像の中でのみ存在しているのです。

『Imaginary girlfriend syndrome』は「彼氏ヅラ」のこと

まぎらわしいですが、『Imaginary girlfriend syndrome』という風に『Syndrome』を後ろにくっつけると意味が変わります。

自分が片思いしている(実在の)女性などに対し、恋人であるかのように「著しく優しくする」「物や金品を貢ぐ」など過度に尽くす人のことを表します。

日本語でもっとも合致するのが「彼氏ヅラ」という単語だと思います。

ふわふわ教授

相手側には恋愛感情がないのに、一方的な愛情を注ぎ続ける人は『Imaginary girlfriend syndrome』に当てはまります。自分の心の中で「付き合っている」と思い込んでいる、もしくは思い込もうとしているようです。

He treats me as if I’m his girl friend .
彼は、私を恋人のように扱う。(彼氏ヅラしてくる。)

一方が「思っているだけ」という意味で『Imaginary』という単語が使われます。実質、想像の中で交際しているのと一緒だからです。

例えば、アイドルビジネスなどは、この心理を逆利用している面もあるかと思います。

ふわふわ教授

※下記リンクでは、JonとBillという男性のエピソードが例に出されています。

2人の共通の友達であるAliceという女性とJonが単独で会っていたら、Billがひどく怒ったそうです。Billが、Aliceを自分の彼女だと勝手に思い込んでいたのでは?と相談相手が推測しています。

Urban Dictionary Imaginary girlfriend syndrome


本日も最後までお読み頂き、誠にありがとうございます。

ハート型のチョコをたくさん抱えた女子社員のイラスト。アメリカの「バレンタインデー」日本との違い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です